top of page

住宅ローンと生命保険

更新日:2023年12月7日

住宅ローンを組むときに同時に生命保険も入ることになることが一般的ですが、

みなさんはご存知ですか?

高額な住宅ローンを長期に渡って支払い続けていくことになりますが、

その支払い期間の間に、死亡してしまったり、高度障害になり働くことができなくなってしまうという

ことは長期間のことですから、全く無いとは言えません。

収入がなくなれば、支払っていけなくなるのですから、こんな事態が起きたときに

生命保険会社が住宅ローン残高を支払ってくれるのです。


それが、「団体信用生命保険(通称「団信」と言われています)」といいます。

この団信に加入していなければ、不測の事態が起きたとき、残された家族が

残額を支払っていかなければならなくなるのです。

とても重要なものですね。

慎重に考えていかなければなりません。

団信は生命保険です。

ということは、誰でも加入できるものとは言えません。

そして、団信に加入できないと、住宅ローンが組めないということもあります。

団信も死亡や高度障害だけでなく、他の症状の保障が付いてることがあります。

それらは、住宅ローンを組む金融機関によって様々な形が考えられます。

さらに、住宅購入以前から別の生命保険に加入している場合が

ほとんどだと思いますが、その場合、

保障内容によっては、重複加入の場合もありますので、

既存の生命保険の見直しも併せて行ったほうがいいでしょう。

考えなければならないことがたくさんありますね。

ですが、住宅購入時、それらのことを一つひとつ調べていけるほど余裕はないと

思います。自由に選べるようになったとはいえ、それなりの知識が無いと

ベストな選択は難しいですよね。

専門科に相談してみるのが確実でしょう。

自分に合うプランは何か、一緒に考えてみませんか?

不動産に関わる相談は

株式会社ホームスター(https://www.homestar-jp.com)へ

お気軽にご連絡ください。

Commentaires


bottom of page